« 2006年4月 | トップページ | 2007年2月 »

@niftyのオンラインストレージ

週のうちに何箇所か回って仕事をしているので、その先々でネットに接続してメールの送受信やweb検索などをしている。
仕事に必要なファイルは、ノートPCの中とUSBメモリの中に入っているが、ときどき、あ、あのファイル持ってくればよかった…などということがある。
自宅のデスクトップ、職場のデスクトップ、ノートPC、USBメモリ…。ファイルはどんどん分散していくのだ。同じファイルでも、どこに入っているのが最新のものなのかわからなくなったりも。
そこで、ネットワークドライブとしてマウントでき、かつ、ある程度の容量があるオンラインストレージを探していた。最も重要な条件は、無料であるか、かなり廉価であること。
Yahoo!JAPANのブリーフケースもいいけど、ネットワークドライブとしてマウントできないので面倒。googleのGMailの領域をマウントするツールもあるが、GMail自体がBETA版なので、いつまで続くか不安だし、突然仕様を変更されてファイルが取り出せなくなったりでもしたら怖い。
とりあえず、無料のオンラインストレージとして、@niftyのマイキャビの試用版を使うことにした。容量はトホホな5MB。その日その日で使用する、よほど重要なファイルのみ置いておくだけの場所だった。しかし、マイキャビのページをよく見ると、「他のディスクと連携」と書いてある。読んでみると、アットホームページの領域と、LaCoocan(ラクーカン)の領域と連携できる(つまりマウントできる)とある。
いま、アットホームページの領域は10MBある。20MBに無料で拡張もできるが、ホームページの領域をそんなに使っていなかったので、まだ拡張していなかった。ということは、ネットワークドライブの容量が、マイキャビの5MBとHP領域の20MB(拡張したら)、の、あわせて25MBになるのか。早速「連携」した。マイキャビもそうだが、自動的にごちゃごちゃとフォルダができてしまうので煩わしいが、ともかく、まだ少ないが、これまでの5倍になるのだから、よしとしよう。
と、アットホームページのページをみて、気がついた。6/1から、アットホームページの容量(無料分)が100MBになるのだそうな。これは朗報だ。6/1から、オンラインストレージが一気に105MBになるのだ。これはありがたい。無料だから十分満足だ。
ところで、マイキャビのページにあった、LaCoocan(ラクーカン)とは何ぞや。
いわく、「LaCoocan(ラクーカン)は、ブログやウィキ(Wiki)、自作の掲示板なども設置できる、高機能なホームページサービスです。」
アットホームページのほかに、こんなサービスがあったのか。し、しらなかった。。。しかし、無料ではないようだ。えーと、容量2GBで月額630円! 1年契約なら月額473円!! げ、激安だ。しかも、perlやPHP、sendmailも使えて、.htaccessによるアクセス制限も可能・・・。独自ドメイン(有料)も使えるが、メールアカウントを作れないのが残念だ。1ヶ月無料で試用できるので、来月1日になったら、早速試用してみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

右クリックでコマンドプロンプト起動

レジストリを編集して、フォルダを右クリックした際にそのフォルダをカレントディレクトリとして、コマンドプロンプトを起動することができるようになります。
なかなか便利ですよ。
1、「ファイル名を指定して実行」でregeditと入力してレジストリエディタを起動。
2、[HKEY_CLASSES_ROOT]-[Directory]-[Shell]を開く。
3、サブキー「コマンドプロンプトを開く」を作成。
4、さらにその中にサブキー「command」を作成。
5、その中の「(標準)」の値を「cmd.exe \"%1\"」とする。

実行する際は自己責任でお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もらい損ねたマイル(JAL)

JALマイレージバンクでは、提携パートナーでの支払いに応じて、マイルを獲得できることになっている。
ただ、何が提携パートナーなのかよく知らなかったので、もらえる筈だったのにもらい損ねたマイルが結構あることに気づいた。思いつく限りあげて、今後の戒めとしたい(涙)。

BROOKSコーヒーの注文 3,790円(税抜き)で37マイル
「こどもちゃれんじ」の資料請求で60マイル
「こどもちゃれんじ」の入会で300マイル
海外出張の際のJALエービーシーでの携帯電話レンタルで100マイル
海外出張の際のホテル宿泊で500マイル
赤すぐnetでの注文で100マイル

合計で1097マイル…(泣)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2007年2月 »