« もらい損ねたマイル(JAL) | トップページ | @niftyのオンラインストレージ »

右クリックでコマンドプロンプト起動

レジストリを編集して、フォルダを右クリックした際にそのフォルダをカレントディレクトリとして、コマンドプロンプトを起動することができるようになります。
なかなか便利ですよ。
1、「ファイル名を指定して実行」でregeditと入力してレジストリエディタを起動。
2、[HKEY_CLASSES_ROOT]-[Directory]-[Shell]を開く。
3、サブキー「コマンドプロンプトを開く」を作成。
4、さらにその中にサブキー「command」を作成。
5、その中の「(標準)」の値を「cmd.exe \"%1\"」とする。

実行する際は自己責任でお願いします。

|

« もらい損ねたマイル(JAL) | トップページ | @niftyのオンラインストレージ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 右クリックでコマンドプロンプト起動:

« もらい損ねたマイル(JAL) | トップページ | @niftyのオンラインストレージ »